塾は必要か!?中学生の子供がお願いしてきた時に考えるべきこと

この記事は塾に行かせる気はなかったけど行かせた方がいいのか不安になった保護者向けに書いています。

これを読めば最終的に行くにしろ行かないにしろ成績があがるようになります。

というのも、必要かどうかが判断できるようになるからです。

では説明していきます。

我が子にとって塾は必要か!?

塾は必要か考える時に、「我が子にとってどうなのか?」はかなり重要になってきます。

必要か必要じゃないか、「塾」について考える前に自分の子供が「どのような問題に直面しているか」が重要になります。

そして、それが分かった後に「適した塾」を探すのが順序として正しくなります。

行かせる気はなかったあなたは、どういう考えで必要ないと考えていたのでしょうか?

幼なじみの〇〇くんは行ってない。
お父さんは行ってなかった。

そんなことはどうでもいいのです。

子供だましの言い訳でしかなく、論理崩壊した言い分としか言えないです。

こんなことでは中学生は納得しません。

本人にも言い分はある

中学生でも何かを考えて塾に行きたいと思っているはずです。

その言い分を聞いてあげましょう。

恐らく、自分の子供が「どのような問題に直面しているか」がわかるはずです。

何か不十分の考えのところは併せて質問をして、確認してあげましょう。

そうすると、行かせてあげた方がいいなとかそれって必要ないんじゃないの?となるはずです。

オンライン家庭教師で環境を整える

オンライン家庭教師なら最低1コマ25分から授業を受けられるところもあります。

それなら様子見でとっつきやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました