やる気のない子供に塾は逆効果!?姿勢にイライラする時の対処法

この記事はやる気のない子供に怒りさえ覚えている保護者向けに書いています。

これを読めば最終的に塾よりもオンライン家庭教師が適していることがわかります。

というのも、やる気を出すきっかけづくりができるからです。

では説明していきます。

やる気なんてそもそもない

やる気がないのは一時的なものではありません。

こと勉強において、そもそもやる気なんてものはないのです。

でもそれが腹立ちますよね(笑)

朝も起きれない、提出物は適当、親の言うことは一切聞かず、目を盗んでゲームばっかりして、口答えばかり。

甘え切ってるなと、イライラしますよね。

立派なお子様ももちろんいらっしゃいが、大体手を焼いている中学生のお子さんはどこもこんな感じです。

こんな子たちに、無理やり塾に通わせてもドブにお金を捨てるようなものです。

それよりかは、自分で気づいて何かしたいと言い出した時にそれにお金を出すのが、費用対効果は抜群です。

とは言え、勉強して欲しい思いが消えることはありませんよね。

自発的にやりたいと思わせる

勉強を教えていてもそうですし、保護者の方からの相談、自信の経験を踏まえて言えることは「自発的にやること」に勝るものはありません。

強制力も時に必要ですが、とっかかりは自発的である必要があります。

親が選んだ部活がしんどいのと、自分で選んだ部活がしんどいのと2通りあった場合、より努力できる確率が高いのは後者の場合です。

そうなると、子供に自発的にやりたいと思わせることはとても重要です。

自発的にやりたいと思う動機の大半が「憧れ」です。

人は正論では変わりません。

「いいなぁ」

「認められたいなぁ」

この気持ちを抱いた時に初めてやる気スイッチがオンになるのです。

オンライン家庭教師を試す

では憧れを抱かせるにはどうすればいいのかですが、保護者がその役割をいきなり担えるかというと微妙です。

厳しい場合は他の人を利用せざるを得ません。

この時にオンライン家庭教師が大活躍してくれるんです。

オンライン家庭教師なら、通常の塾と異なり、接することができる先生の数が大幅に多くなります。

またオンライン「家庭教師」であることで、オンラインでの授業でありながら双方向でコミュニケーションを取ることができるんです。

これがオンライン家庭教師の魅力です。

オンライン家庭教師で憧れの先輩を見つけて、それに追いつきたいという気持ちで勉強させるのが理想と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました